庭に適当に植えておいたじゃがいも「デストロイヤー」がぐんぐん成長していて、そろそろ花も咲かせてくれそうだ

このところ雨が続いていたからか、庭に植えた「デストロイヤー」 (注: じゃがいもの品種)がにょきにょきと伸びまくっていた。

デストロイヤーが群生

もちろん、デストロイヤー以外のものもにょきにょきと生えているが、それにしても随分伸びた。

比較対象として、下の6/4時点の写真を見ると、まるで違うのがわかる。

じゃがいも「デストロイヤー」だと思われる芽たち

このころは、本当に芽があるくらいだったのだが。

畝には6本ほど並べていたのだが、その脇からもどんどん芽が出てきて、そのまま伸びている感じだ。

茎が40cm超えに

よく成長しているぽい茎だと、40cmは超えてきている。

じゃがいもの茎がこんなに伸びるものだとは知らなかった。そういえば、まともにじゃがいもを栽培した記憶がない。

脇から生えてきているものを、畝を延長して植え直した方がよいかとも思ったのだが、そろそろ根っこがどうなっているかわからないし (膨らみはじめているのだろうか?)、このまま放置しておくことになりそうだ。

雨風がひどい日もあったからか、はたまた猫にでもやられたのか、茎が折れているものもあったりしたが、それにしたってかなり育ったと言えよう。

中にはそろそろ花が咲きそうなものも。

蕾ができてきた

じゃがいもの花といえば白いイメージだが、デストロイヤーは物騒な名前の割に可愛らしいピンクの花が咲くそうだ。なかなかシャレオツさんらしい。

無農薬栽培というか、放置してるだけなんだが、それにも関わらずこれだけのびのびと育っていて、この調子で実をつけてくれるんじゃないかと期待が膨らむ。

この調子で育ってほしいところだ。

こちらの記事もどうぞ!

未分類

Posted by junchan