自宅の環境の快適さが、一度離れてみるとよくわかる。モニタやキーボード、トラックボール、椅子などにこだわるとやはり快適になるのだ。

1日だけ家を空けて、東京に出張してきたからわかったのだが、やっぱり家の環境はすごくよいんだなーと思う。

クライアントさんの事務所もきれいで広くていいのだけれど、我が家のような大きなモニタはもちろんないし、デスクや椅子もいわゆる事務用だ。

我が家も机はほぼ事務用のものだが、モニタ椅子はこだわっていて、ついでにいうとキーボードやトラックボールも使い勝手がよいので、総じてパソコンを使って作業しているときの快適さが違う。

TaoTronics Gaming Soudbar (TT-SK027) モニタの台座に設置

クライアントさんの事務所で働く場合は、その場にあるものをうまく使うしかないのだが、自宅にいると自分でちょいちょいテコ入れできるので、環境がよくなるのも自明だろう。

自宅で作業する時間が増えるほど、何かと環境をよくしようと思い、あれこれやりたくなってしまう。

椅子を買ったりモニタを買ったりしたが、今度はああいうのがあったらいいんじゃないかとか、こういうのがあったらいいんじゃないかとか、どうにも投資してしまいたくなる。

いつまでこの状況が続くかわからないし、どこまで投資しても切りがないこともあって、一気にガツンとはやってないが、じわじわよくしていくのがなんだか面白い。

モニタを導入したから、余ったモニタを使って何かやってやろうとか考えてみたり。

パソコンまわりの環境をよくするだけでなく、浄水ポットを買ってみたり。

冷蔵庫にはアイスコーヒーをごっそり入れてみたり。

部屋にはエアコンをつけてみたり。

机をL字型にしてみたり。

オンライン会議が多いからヘッドセットを買ってみたり。

こうして振り返ってみると、ここ3ヶ月の間に色々やってみたものだと思う。

どうせ仕事をするなら快適な環境がいいし、疲れにくい方がいいし、仕事をしていて楽しくなった方がいい。

自宅で仕事をするということは、こういうところにも醍醐味を感じる。

さて、次はどこにテコ入れしてやろうかな。

未分類

Posted by junchan