日の長さを感じながら過ごす田舎の夏

夏至を過ぎて、だんだん日が落ちるのは早くなっているけど、それでもまだまだ明るい時間が長い感じがする。

19時過ぎでもまだ明るい
19時頃の庭の様子。まだ明るい。

我が家の子どもたちが、そろそろ寝ようかと動き出す19時を過ぎてもまだ明るい。

こんなに日が長かったっけ?などと今年は奥さんとよく話す。

長野のこの町に移住してきてから7年経っていて、そんなことを思ったことなんて無いのに、と。

思うに、この古民家に引っ越してくるまでいた家は、別荘地の木々に囲まれたところにあったため、日中でもすこし暗い場所だった。

日が当たらないわけでもないし、十分に明るかったけど、窓もそれほど大きくなかったし、わりとカーテンを閉めっぱなしだったりしたのもあるだろう。

そこから車で10分やそこらの今の家に越してきたのだから、日の長さが変わるわけがない。

今住んでいる古民家は、庭に向かってかなりの面がガラス張りだからか、日が登ってから落ちるまでをすごく感じる。

ひぐらしの鳴く声に癒やされながら、ゆったりとした田舎時間を過ごすのもいいものだ。

未分類

Posted by junchan