PILOT万年筆「カクノ」の透明を使っているけど、ブラックとブルーブラックの違いはパッと見ではわからなかった

PILOTの万年筆「カクノ」を使いはじめてからというもの、なかなかイイ感じで使えている。

Pilot 万年筆 カクノ

「カクノ」は本体やキャップの色がカラフルなものもあるのだが、私は透明のものを使ってみることにした。

こうすれば、それぞれ何色のインクを使っているかがすぐわかると思ったからだ。

だが、ちょっと甘かった。

今はブラックとブルーブラックの2色を使っているのだが・・・これだと、パッと見ではよくわからなかった。

ブラックとブルーブラックの違いがパッと見わからない

2本を並べて、明るいところでよく見比べてみれば、たしかにブルーブラックは青っぽいというのがわかる。

よく見比べてみればわかるんだけど、万年筆を手にするたびに「これはブラック?それともブルーブラック?」といちいち確認するのは煩わしい。そんな時間は無駄だろう。

これが赤とか全く違う色ならすぐわかったのかもしれないが、ブラックとブルーブラックだと私にはすぐ判別がつかなかった。

仕方がないから、ブルーブラックの方にはマスキングテープを貼り付けて、そこに「BB」と書いておくことにした。Blue BlackのBBだ。

最初は本体の方に貼っていたんだけど、ペンスタンドを使うようになってからは、スタンドに立てかけておいてもすぐわかるよう、キャップに貼り替えた。

これでようやく、パッと見でブラックなのかブルーブラックなのかを判別できるようになった。

まあ、色の判別はできなかったけど、本体が透明だとインクの残量がわかるのはいいかな。

多少ダサい感じがしないでもないが、こうしたちょっとした工夫をすると、愛着もわいてくる気がする。

こういうのも、使いはじめてわかることなんだろう。

そのうち、しっかりした万年筆を使うようになったらまた違う悩みが出てくるんだろうけど、そういうのも含めて、新しいおもちゃを使っているのは楽しいのであった。

レビュー

Posted by junchan