庭に植えたニンジンを収穫。小ぶりなニンジンで、ちょっと青臭い気もするけどうまかった。

奥さんが庭に植えたニンジンがだいぶ育ってきた。と思う。

5月の末くらいに植えたものだったと思うから、流石にもうこれ以上育つこともないだろうと、抜いてみることにする。

中には葉っぱが白くなっているものもあって、うどんこ病か何かにかかっているかもしれないし。

ニンジンを抜いてみた

引っこ抜いて見ると、想像していたよりはるかに小ぶりなニンジンが出てきた。え?手のひらサイズ?

すごくこぶりなニンジン

葉っぱの長さに比べると、随分とこぢんまりとしたニンジンだと思う。葉の部分の1/3くらいか?

他のもいくつか抜いてみても、やっぱりみんな小さい。

小さいニンジン

おそらく、こういう品種のものを植えたのだろう???

植えた本人も覚えてないらしく、詳細は不明。私が植えていたら、多分、買ってきたときに種の袋の写真を撮っているから、記録に残っているのだろうけど。

まあ、そういう品種なんだろうということで納得しておくことにする。

随分小さいので、調理するほどでもなく、泥を落としたら生でガブリといただいた。

さすがに採れたてだからか、カリコリいい音がしてうまい。

若干、青臭い感じはしたけど、自分たちで植えて育てたものだから、それでも何だかうまい気がするものだ。

子どもたちに食べさせてみても、美味しかったみたいで、青くなっているところまで食べていた。

こんな量はあっという間になくなった。

庭の半分くらいを収穫してきた気がするから、また近日中に残りのものを抜いてきて、食べて、今年の収穫は終わりとするのだろう。

なお、一緒に育っていたデストロイヤー (じゃがいも)は、雑草とともに奥さんに引っこ抜かれたり、何かの病気にかかったみたいでダメになったりしていて、収穫できなかった。ちょっと残念。

未分類

Posted by junchan