ロジクール「SIGNATURE K855」はじめてのメカニカルキーボードは打ち心地もよい

2023-01-28

ロジクールのメカニカルキーボード「SIGNATURE K855」を購入した。

ロジクール「SIGNATURE K855」

AmazonのBlack Fridayセールに便乗して買ったのだ。

なお、これまでは同じくロジクールの「MX KEYS MINI」を使っており、大変満足している。

大変満足しているし、まだまだ使っていくつもりなんだけど、どうにもメカニカルキーボードも使ってみたいと思うあまり、試しに使ってみることにしたのだった。

これはもう病気のようなものなので、仕方があるまい。うまく付き合っていくしかないのだ。

メカニカルキーボードを買うのは確か初めてだと思う。

ゲーミングキーボードが流行っているから、メカニカルキーボードもずいぶんとこなれてきているだろうという期待がある。

私が若いころは、メカニカルキーボードなんてほぼ選択肢はなかった気がする。大学の研究室の同期が使っていて、カタカタ言わせていたのを覚えているが、そいつ以外に使っている人を見たことがなかった。

愛用しているMX KEYS MINIと比べてみると、矢印キーなど一部のキーが外出しされていて、その分、横に長くなっている。とはいえ、10キーもないし、少し大きさが違うからと言って使い勝手が変わる感じはない。

ロジクール「SIGNATURE K855」と「MX KEYS MINI」の比較

ところどころでちょっとずつキー配置が変わっていて、そのあたりは慣れが必要そう。ただ、慣れてしまえば矢印キーをミスタイプすることはなくなりそうだ。MX KEYS MINIだと、右手小指で「この辺」と思って押していて、ちょいちょい間違えているが、SIGNATURE K855は完全に独立しているから、右手をガバッと動かして矢印キーの上に指を置いて操作するようになり、必然とミスは減りそう。

MX KEYS MINIとはキーの高さも全然違っている。横から見れば、メカニカルな機構を持つだけあって、SIGNATURE K855の方はキーが飛び出しているのがわかる。

ロジクール「SIGNATURE K855」と「MX KEYS MINI」の高さの違い

この高さの違いもあって、SIGNATURE K855を使うときはリストレストを使うことにした。MX KEYS MINIならそのまま机に置いて使っているのだけれど、SIGNATURE K855だと手首をちょっと持ち上げた方が楽だったのだ。

実際にSIGNATURE K855で打ち込んでみると、かなり打ちやすいと思う。Happy Hacking Keyboardを数年間愛用していたが、それに近い感じだ。

SIGNATURE K855はメカニカルな機構のうちでも赤軸と呼ばれるものを採用していて、リニアにキーが押せるからか、使い勝手はそれほど変わりがない感じがする。

タイプ音は流石にそれなり大きくて、キーを押すたびにカタカタ言う。このカタカタ言うのがまたいいのかもしれない。

しばらく使っていると、若干、左手の小指が痛くなってきた感じがするが・・・そのあたりのキーがちょっと重いとか、引っかかるとかいう感じなのだろうか。この辺も慣れなんだろうけど。

MX KEYS MINIからの乗り換えという点で見ても、困ったことはない。違いはあるけど、そういう違いが楽しい。特に問題なく、普通に使えるいいキーボードだと思う。

これからどんどん使っていくと、また違いがわかってくるのだろうか。

それにしても、新しいキーボードを使ってみたい欲求のおかげで、普段遣いのキーボードがまた1つ増えてしまった。

その日の気分でキーボードを変える、なんてことができるのだろうか?

そういう使い方もまた試してみるとしよう。

こちらの記事もどうぞ!

レビュー

Posted by junchan