カブトムシをもらったので、虫カゴを用意して飼育する環境を整える〜まとめ

息子が唐突にカブトムシをもらってきた。6匹も。

カブトムシをもらってきた

小さい虫カゴに6匹も詰め込まれていて、それはもう狭そうだった。

重なり合ってごちゃっとしているのも不憫だし、もう少し広い空間を用意してあげたくなった。

組体操?をするカブトムシたち

そこで、家にあったダンボールとクリアファイルを使って、自作ダンボール虫カゴを作ってみることにした。

カブトムシ用に自作ダンボール虫カゴを作る

我ながらなかなかのデキで、これならしばらくは大丈夫だろうと思っていたのだが・・・

どうやら、カブトムシの力を持ってすれば、ダンボールくらい抜け出せるということがわかった。

腹が減ってダンボールまで食べようとしたのかは不明だが、底の方をかじりまくって、穴を開けてくれたのだ。

玄関先で脱走したカブトムシを発見すること2回・・・

カブトムシが脱走!

これはもう自作ダンボール虫カゴではダメだろうと思うに至った。

もともと一時的に使えればいいと思っていたので本望だ。十分に役に立ってくれた。

ひとまずその日はガムテープで補強した自作ダンボール虫カゴでこらえてもらい、翌日にホームセンターに行って虫カゴを買ってきた。

土やらも買ってきて、サクッと虫カゴを作り、カブトムシたちには移住してもらうことにした。

カブトムシに虫カゴを作ってあげた

こうして虫カゴを作ってみると、カブトムシの観察もしやすくなった。

みんなしてカブトムシの挙動を興味津々に見ている。

カブトムシを観察する子どもたち+奥さん

息子が世話をみることになっているが、どこまでやれるかは見ものだ。

しばらくカブトムシの飼育をして、楽しめそうだ。

ちなみに、前の自作ダンボール虫カゴはひどく汚れていて、臭いもひどかったので、そのまま破棄することにした。

未分類

Posted by junchan